日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2017年05月31日 共謀罪法案の廃案を求める市民の集い

5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い

私たちは、共謀罪の成立が監視社会の幕開けとなることを危惧し、将来に禍根を残さないため、今共謀罪法案に反対します。

【と き】 5月31日(水)18時30分~ (18時開場)
【ところ】 日比谷野外音楽堂
18:00  開場
18:10  プレ企画  歌 マッシーさん
18:30  集会(司会: 纐纈美千世・日本消費者連盟)
・主催者挨拶  米田祐子さん(グリーンピース・ジャパン)
・特別アピール 海渡雄一さん(弁護士)「共謀罪法案の審議をストップし、国連の問いに答えよ!」
・挨拶 国会議員
・発言 香山リカさん(精神科医)
山口薫さん(アムネスティ・インターナショナル日本)
旗手 明さん(自由人権協会)
小林基秀さん(新聞労連委員長)
山田健太さん(日本ペンクラブ言論表現委員会委員長)
小田川義和さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会) ほか
19:45~ 銀座デモ

 

【主催】5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い実行委員会
アムネスティ・インターナショナル日本
グリーンピース・ジャパン
自由人権協会(JCLU)
女性と人権全国ネットワーク
新聞労連
日本消費者連盟
共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会
共謀罪NO!実行委員会
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 

多くの市民が反対し、過去3度も廃案になった共謀罪法案。その共謀罪法案が、名前だけを「テロ等準備罪」に変え、国会での十分な審議もなされないまま、成立しようとしています。
共謀罪は、話したことだけを理由として人々を取り締まるものです。この法律ができれば、会話の内容は広く監視され、自由にモノを言えない社会が作り出されることになります。
共謀罪は、表現の自由、思想の自由を侵害し、市民団体の活動を萎縮させるものです。自由に物事を考え、自由に意見を表明することは市民の基本的人権であると同時に、民主主義の根幹でもあります。すなわち、共謀罪は民主主義を破壊します。
真のテロ対策とは、様々な考え方や意見があることを理解し、民族的・文化的・宗教的な違いを乗り越え、差別や貧困、抑圧をなくしていくことです。「テロ対策」を名目に異なる考え方や意見を弾圧する今回の法案は、むしろ「テロ対策」に逆行しています。
私たちは、共謀罪の成立が監視社会の幕開けとなることを危惧し、将来に禍根を残さないため、共謀罪法案に反対します。

Tagged on: