日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

高放射能汚染地域では住民の被曝を度外視した農業再生はあり得ない

市民と科学者の内部被曝問題研究会常任理事/食の安全・監視市民委員会運営委員 生井 兵治

『消費者リポート』1530号(3月21日)、1534号(5月21日)などの放射能汚染対策記事に、違和感を覚えました。農民たちなどの内部・外部被曝を無視し、「放射能汚染地域で農業の再生・復興を」という主張に思えたからです。

住民・農民の放射線被曝を無視していいのか

この種の運動は、[…(1431文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: ,