日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

私たちが望む容器リサイクル法改正に向けて:市民案第二次案まとまる

容器包装の3Rを進める全国ネットワーク 中井八千代

拡大生産者責任の原点に立った見直しを

イラスト:清重 伸之©

イラスト:清重 伸之©

容器包装リサイクル法(容リ法)は、高度成長による大量生産・大量消費・大量廃棄により増え続けるごみを減らすため、1995年に制定されました。家庭ごみの6割(容積比)を占める容器包装ごみのリサイクルを容器包装材の製造・利用事業者に義務付けています。もっぱら自治体の責務とされてきた廃棄物の処理にはじめて製造・利用事業者の責任を導入した画期的な法律でした。その根底にはもちろん欧州で[…(1382文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: