日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

地域からの報告 ⑨秋田農産物検査規格を見直して、農薬散布を減らそう

イラスト:清重 伸之©

イラスト:清重 伸之©

米の検査規格の見直しを求める会 今野 茂樹

2000年以降、全国の水田で問題になっている害虫がいます。「斑点米カメムシ類」といい、通常の黒い大きなカメムシとは違って嫌な臭いも出さず、多くは緑色をした体長5mmほどの小さな虫で、現在の水田害虫の「主役」です。

この虫が主役になったのは、減反政策が始まり、全国に耕作放棄地が増え、イネ科雑草を好むカメムシ類の繁殖地が増えたためと[…(1502文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: