日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

農薬問題の背後にあるもの——塩素を副生する苛性ソーダ製造法の抜本的転換こそが、解決への道

イラスト:清重 伸之©

イラスト:清重 伸之©

アジア学院理事、元国際基督教大学教授 田坂 興亜

塩素をめぐる科学史

塩素という元素は、私たちの体の中や、海の水を含めて、地球上に広く存在している元素です。その塩素は、すべて「塩素イオン(Cl)」という形で存在しています。ところが、人類が電気を「発電する」技術を開発し、その電気を使って塩水を「電気分解」して、ガラス製造などに必要な苛性ソーダを取り出すようになると、そのプロセスの「副生物」として、塩素分子(Cl2)が発生するようになりました。この塩素分子は、ガス状で、毒性があり、悪臭がします。これを放出することにより、大きな環境問題を引き起こしました。

第一次世界大戦の時、ドイツでは、[…(3522文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: