日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

市民講座ご案内 死体とされた人からの臓器摘出に、なぜ麻酔や筋弛緩剤を使うのか?

改正臓器移植法施行後169例 のうち、家族承諾による臓器移植が 128例で、本人の意思表示があるものが  41例と、家族の承諾による臓器移植が増えています。

2014年1月23日、東北大学病院に入院中の20歳代の女性(原疾患は低酸素性脳症)から肺、肝臓、膵臓、腎臓、眼球の提供による移植がありました。両肺は 京都大学医学部附属病院の50歳代女性、肝臓は 国立成育医療研究センターで10歳代男性に、膵臓・腎臓は 神戸大学医学部附属病院の30歳代女性に、腎臓は 鷹揚郷腎研究所弘前病院の40歳代の女性にされています。自殺者からの移植が増えていたり、移植の問題点をしらないままドナーカードを所持する若者が増えています。一方で、臓器摘出時に行われる麻酔や筋弛緩剤使用の実態報告と考察など、「救命なき早すぎる死」が起こっていないか、臓器摘出の現場に関しての情報は伝えられていません。

臓器移植法を問い直す市民ネットワークによる連続学習会が開催されます。ご参加ください。

***************************

第5回市民講座

死体とされた人からの臓器摘出に、なぜ麻酔や筋弛緩剤を使うのか?
講師:守田憲二さん(ジャーナリスト、ホームページ「死体からの臓器摘出に麻酔?」)
日時:2014年2月2日(日)午後1時30分~5時 (開場1時)
会場:豊島勤労福祉会館 第3・第4会議室(4階)  (資料代:500円)
東京都豊島区西池袋2-37-4  ℡ 03-3980-3131

http://taste.reenta.jp/amusement/00001333_map.html

 

共催:臓器移植法を問い直す市民ネットワーク
脳死・臓器移植に反対する市民会議
連絡先:
●臓器移植法を問い直す市民ネットワーク
新宿区西早稲田1-9-19-207日消連気付
携帯080(6532)0916/
e-mail:abdcnet@gmail.com  ブログ:http://pub.ne.jp/abdnet/
●脳死・臓器移植に反対する市民会議 Tel:03(5624)6064


 

(共同代表 古賀 真子)

Tagged on: