日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

茶のしずく石鹸の裁判を通じてわかったこと――化粧品による健康被害を繰り返さないために

弁護士・薬剤師 松本恵美子

小麦アレルギーになった2107名のその後

容貌を良くしたい、美しい皮膚にしたいと願って使われる化粧品により、大規模な健康被害事件が起きています。その一つ、2011年5月に自主回収がされた通称茶のしずく石鹸」(株式会社悠香の商品)では、2107名もの人が石鹸の使用で小麦アレルギーになりました(2014年2月20日時点)。現在、約1300名の被害者たちが全国の裁判所で裁判をしています。

この石鹸の使用で小麦アレルギーになるのは、[…(1631文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: