日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

ゆうちょ銀行へ再度の申入れ

ゆうちょ銀行に出した合成洗剤配布の中止を求める要請書に対し、同銀行から回答が届きましたが、不十分な内容だったため、再度、以下のような要請を出しました。

2015日消連第31号
2015年12月15日

株式会社ゆうちょ銀行 お客さまサービス推進部
マネージャー 高山和雄様

特定非営利活動法人 日本消費者連盟
共同代表 安達由起
共同代表 大野和興
共同代表 田坂興亜

「ゆうちょ銀行定額貯金キャンペーン」に係る要請

 貴社が取り組んでおられる「ゆうちょ銀行定額貯金キャンペーン」について、去る10月22日付の回答をいただきましたが、この件に関し、その後どのように進展しているのかお聞きするため、貴社に伺い、意見交換をさせていただきたいと思っております。

私たちは、いのちに欠かせない水の汚染を防ぐために、合成洗剤の配付を止めて頂くことを切に求めています。

ご多用中とは存じますが、下記の件につきまして、2016年1月12日までに、文書にてご回答いただきたくお願い申し上げます。なお、意見交換の日程につきましては、文書によるご回答をいただき次第、ご相談させていただければと思います。

 

1.貴社の「定額貯金キャンペーン」の景品について、決定する権限を持っておられる方の部署名とお名前をお知らせ下さい。

2.貴社に伺いました折には、上記担当者の方との面談を希望しますが、その際、進展状況などを確認できる文書をご用意下さい。

以上

Tagged on: ,