日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2016年09月24日 学習会「ゲノム編集技術を考える」

日時:2016年924(土)13:30~16:30

会場:池上会館 第3会議室 (東京都大田区池上1-32-8)

会場アクセス:東急池上線「池上駅」下車7分

 

いま、バイオテクノロジーの世界は大きく変わろうとしています。
研究開発の中心が、遺伝子組み換え技術からゲノム編集技術に変わりつつあります。
ゲノム編集技術は、ピンポイントで遺伝子の働きを止める技術です。この技術により、すでに多くの作物や動物が改造されています。人間への応用も始まり、政府も受精卵への適用を容認しています。この方法はまた、従来の遺伝子組み換え技術ではできなかった、文字通りの遺伝子の入れ換えを可能にします。こまめな遺伝子操作が可能になるため、応用範囲はさらに広がると考えられます。しかし、遺伝子を操作することによる危険性は、従来の遺伝子組み換え技術と同様ですし、人間への応用も始まったことから、生命倫理の領域からも批判が出ています。この技術を総合的に市民の視線、生命を操作される側から見ていくと同時に、その問題点を考えます。

講師  天笠啓祐(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)

    村上茂樹(DNA問題研究会)

資料代 500円

 

主催:DNA問題研究会
共催:日本消費者連盟/遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

 

【お問合せ先】
特定非営利活動法人日本消費者連盟
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
電話:03(5155)4765
FAX:03(5155)4767
Eメール:office.j(アットマーク)nishoren.org ※(アットマーク)は@にしてお送りください。