日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

「香害」は 「公害」 香りの洪水が体を蝕む | 消費者リポート7月号

 

「香害」は 「公害」

香りの洪水が体を蝕む

編集委員 杉浦陽子

 ドラッグストアの消臭スプレーの 棚の前で途方に暮れる中年男性。買 い物メモには「ファブリーズ」の文字が。「ふわりおひさまの香り」「そよぐ草原の香り」――数えたら十数種類もの香りがあって迷うのも当然です。でもそれ、本当に必要なものですか? いまや文房具、洋服に至るまで香り付き商品がブームとなり、芳香柔軟剤の市場は2009年から6年間で1・5倍に拡大しています。香りの洪水が広がるにつれ、香り付き商品が原因で体調を崩す人が増えています。それは特別な人にだけ起きることではありません。花粉症と同じように、いつあなたも発症するかわからないのです。