日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【パンフレット】私たちはモルモット?! ゲノム操作食品

 

遺伝子組み換え技術の登場。
それは生命の基本であるゲノム(遺伝子)を操作することで、人間が神の領域に手を付けたと言われました。
今、さらに自由自在にゲノムを操作できる技術が開発されています。
「ゲノム編集」「RNA干渉法」です。
この技術は食の安全を脅かし、地球の生態系を破壊する恐れがあります。
そのゲノム操作食品が私たちの食卓に侵入しつつあります。

■主な内容
―遺伝子組み換え技術との違いは?
―ゲノムってなあに?
―ゲノム編集でムキムキ豚?
―日本の主食である米までも
―CRISPR/Cas9の登場で誰でも簡単に
―ハサミの入れ間違いは必ず起こる
―種の絶滅をもたらす遺伝子ドライブ
―さらなる利益をもくろむ大手バイオ企業
―規制を求めよう

2017年11月発行
【発行】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟
【監修】天笠啓祐
【デザイン】田中律子 【イラスト】BIKKE
定価:300円(送料別)/横長B6判・16ページ・カラー

<ご注文は下記まで>
日本消費者連盟
電話:03(5155)4765
FAX:03(5155)4767
eメール:office.j@nishoren.org

注文書はこちら→「ゲノム操作食品」注文書