日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【編集委員ブログ】N氏の朝(2017年12月4日)

古い話で恐縮ですが、1970年代に未来予測や未来論がさかんだった時期がありました。その時、通産省(現在の経産省)が「N氏の1日」という、ある男性の未来予測を描いたことがありました。詳細は覚えていませんが、ロボットが活躍するなど、未来がバラ色に描かれていました。

いま「N氏の1日」の近未来予測を描くとどうなるでしょうか。これは架空の話ですが、現実に起きつつあることです。N氏の1日は睡眠中から始まります。体に装着した健康管理の機械により血圧や体温、呼吸数といった睡眠中のデータが測定されていきます。起きた後に機械のデータがスマホを通してチェックされ、数値に変化はないか、健康に異変がないかが告げられます。

起床もまたスマホがもたらします。スマホの目覚ましで起きる毎日の起床時間が記録されます。それらのデータは、グーグルなどのデータとなって、当人の病気や健康の管理に用いられるだけでなく、行きつけの病院のデータとなり、健康保険の管理に使われ、同時に製薬メーカーや健康食品メーカーの販売戦略にも用いられます。

ちょっと血圧が高いと高血圧と診断され、ちょっと血糖値が高いと糖尿病予備軍と診断されるだけでなく、データは両親や子ども、親せきのデータと照らしあわされて、遺伝的な疾患があるかないか、どうすれば健康が維持されるかといった勧告とともに、推奨される医薬品や健康食品が示されていきます。これはまだ、1日の始まりです。この続きは、2017年12月号の本誌で。

(天笠啓祐)