日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2018年5月号「スピードと引き換えに失うもの」

 

スピードと引き換えに失うもの

~リニア中央新幹線の現場を歩く

知れば知る程、これは原発に続く国策なのでは?という疑念が湧いてくるリニア中央新幹線。東京から名古屋、大阪まで在来新幹線の倍の速さで、まっすぐに山をぶち抜き走る乗り物です。開発費は運営主体の JR東海が賄うはずだったのに、な ぜか2016年の認可と同時に財政投融資3兆円が投入されることに。 ニーズがあるのかと疑問視されながら、ゼネコンをはじめ独占企業の儲 けの手段となり、残されるのは、大規模な自然破壊、懸念される電磁波・ 騒音被害、次世代への借金です。ス ピードと引き換えに失うものは何でしょうか。日消連の運営委員たちが工事現場を歩きました。


特集の続きをお読みになりたい方は、紙媒体「消費者リポート」をご購入くださ
い。1冊1000円(送料込)で販売しています。以下のフォームにご記入、送
信ください。振込用紙を同封して郵送させていただきます。なおご入会いただ
いた方には、ご希望のバックナンバーを1冊差し上げます。

[contact-form-7 id="9241" title="消費者リポート申し込み2"]

入会方法はこちらから