日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2018年10月号「この国の農業が心配」

 

強い農業と手作り農の狭間で

この国の農業が心配

スーパーマーケットには食べものがあふれています。その食べものがどこでどんなふうに作られているかを気に する人はそんなに多くありません。ところが現実には、食べものの作り方も、農業をめぐる環境も目まぐるしく変わりつつあります。そして“攻めの農業”
“海外に打って出るニッポン農産物” といった威勢の良い掛け声が叫ばれます。

農業をめぐる最新のトピクッスは AI(人工知能)など最先端科学技術の導入、そして外国人労働者の大量受け入れです。その一方で、小さく作り、 分け合い、食べる営みもまだまだ生きています。国のめざす大きな農業と人びとの小さな営み、その両面から農と食について考えます。

農業ジャーナリスト、日消連共同代表 大野和興

 
 

特集の続きをお読みになりたい方は、紙媒体「消費者リポート」をご購入くださ
い。1冊1000円(送料込)で販売しています。

------------------------------------------------------
消費者リポート購入ご希望の方は以下の内容を「office.j@nishoren.org」まで
お送りください。
メールの件名に「消費者リポート購入希望」とお書きください。

【お名前 (必須)】
【ご住所(必須)】
【メールアドレス (必須)】
【電話番号】
【希望する号数もしくは何年何月号(必須)】

ご注文のメールを受け取り次第、こちらからご連絡します。
注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡くだ
さい。
----------------------------------------------------------

入会方法はこちらから