日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2017年6月号「暮らしを脅かす巨大な太陽光発電 」

「でっかい太陽光パネルが風景を一変させてしまった」「山の急斜面に作られて土砂崩れが心配」「油みたいなものが出てきて下の棚田になだれ込んでいる」。日消連の大野和興共同代表が暮らす埼玉県秩父地域で、山の斜面を削った太陽光パネルの設置が進んでいます。周辺の住民は、簡単な設置方法でいつ倒壊するかわからないと心配しています。これは秩父に限ったことではありません。日本列島全体で、とりわけ地方で広がる巨大な太陽光パネルが、自然環境に大きな影響を及ぼしています

編集委員 杉浦陽子