日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2018年2月号「終わっていない 子宮頸がんワクチン禍」

 

終わっていない

子宮頸がんワクチン禍

十代の少女たちに重篤な被害を出した子宮頸がんワクチン。2013年6月に積極的な接種勧奨は中止されたものの、いまだに定期 接種の対象から外れていません。今年1月に厚生労働省が公表した子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)リーフレット改訂版は、副反応の実態を正確に伝えていないなど、接種によって起こり得る危 険性の説明が不十分です。日本産科婦人科学会やWHO(世界保健 機関)は積極的勧奨の早期再開を求めています。しかし、被害者の状況は依然として深刻です。この危険なワクチンを推進しようとする動きの背景を探ります。


特集の続きをお読みになりたい方は、紙媒体「消費者リポート」をご購入くださ
い。1冊1000円(送料込)で販売しています。以下のフォームにご記入、送
信ください。振込用紙を同封して郵送させていただきます。なおご入会いただ
いた方には、ご希望のバックナンバーを1冊差し上げます。

[contact-form-7 id="9241" title="消費者リポート申し込み2"]

入会方法はこちらから