日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

 

 

2021年1月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。

今月の特集は
種子に遺伝子操作の表示を

国内で食用の遺伝子組み換え作物は今のところ商業栽培されていません。しかし、ゲノム編集という新しい遺伝子操作技術が登場し、届出第1号のゲノム編集トマトの苗が無償配布されようとしています。政府はこの間、主要農作物種子法廃止、種苗法改悪という種子をめぐる法改正を強行しました。これは、多国籍バイオ企業による農業支配、ゲノム編集や遺伝子組み換え作物の栽培開始と無関係ではありません。私たちは、これから種子に遺伝子操作の表示を求める運動に取り組みます。このままでは、農家も遺伝子操作の種子かどうかわからず、加工食品も原料に遡って確認することができないからです。

日消連・食の安全部会

━━━《内容》
1・表紙
2・たかが
味噌のことですが自給農家 佐藤藤三郎 / 表紙のことば
3・特集:わが町を5Gから守ろう >>
4・種苗法改定 目的は企業の知的財産権の強化
5.日本初ゲノム編集食品は 「高GABAトマト」 サナテックシード社が開発、無償提供
6.日本有機農業研究会理事の久保田裕子さんに聞くなぜ種子に遺伝子操作表示が必要なのか
7・署名の取り組み 種子に遺伝子操作の表示を求めます日消連・食の安全部会
8.Hot News ゲノム編集食品に戸惑う食品メーカー 原 英二 (日消連・食の安全部会)
9.香害アンケートもとに5省庁に要望 杉浦陽子 (日消連 「香害」 担当、 本誌編集長)
10・News Clip:世界の消費者ニュース 2020 年11 月25 日〜12 月28 日
11・そこが知りたいQ&A 「アミノバイタル」 とアミノ酸とはどう違うの? 【答える人】原 英二 (日消連・食の安全部会)
マーティンの鵜の目鷹の目  「チャンネル日消連」 へようこそ!
12.Roundabout 読者の交差点 / 学術会議への人事介入に反対します / 環境省の回答と態度は矛盾する / 新刊:冊子「かくれんぼ食品 Part Ⅱ」あなたも知らずに添加物を食べている!?
13・くらしにSpice! Book:潜在的に蔓延する優生社会の現実──『 ルポ 「命の選別」 ── 誰が弱者を切り捨てるのか?』(千葉紀和・上東麻子 著/ Cinema:信頼が崩れる時──『 KCIA 南山の部長たち』(ウ・ミンホ監督)
14・連載「世界の脱プラ・使い捨て規制」 ①中国編 「プラごみ排出・世界最大」 は過去の話
15・事務局から&わせだより
16・連載 あの人に会いたい(13) 未来の世代への責任 弁護士 柳原敏夫さん

    紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
    以下のフォームよりご注文をお受け次第、こちらからご連絡させていただきます。
    ご注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

    消費者リポート お申し込みフォーム

    【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

    なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
    入会方法はこちらから

    一つ前のページに戻る