日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2019年01月29日 ゲノム編集の規制等を求める署名提出院内集会

 

◆署名提出緊急院内集会◆

すべてのゲノム編集作物の栽培を規制し、
食品の安全審査を行い、表示することを求めます

 

ゲノム編集技術を利用してつくられた食品が、安全性審査もされないまま、表示もないまま、私たちの食卓にのぼる可能性が高まっています。

日本消費者連盟は今月29日に「すべてのゲノム編集作物の栽培を規制し、食品の安全審査を行い、表示することを求める」緊急院内集会を他団体と開催します。

新しい遺伝子操作技術であるゲノム編集については、海外の研究者が問題点や危険性を指摘しています。安全性が担保されているとは到底、考えられません。日消連は、このような技術でつくられた食品を受け入れることはできないと、声をあげています。

日消連とともにゲノム編集食品反対運動を進める「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは現在、きちんとした安全性審査や表示を求める署名活動を行っています(署名については下段をご覧ください)。今回の院内集会では、全国から集まった署名を提出し、厚労省及び関係省庁にゲノム編集作物・食品の厳しい規制を求めます。「ゲノム編集食品なんて食べたくない、いらない」の声をあげましょう。

 

【日 時】 2019129(火)14:00~16:30

【会 場】 衆議院第1議員会館 1階 多目的ホール
最寄駅:地下鉄「国会議事堂前駅」出口すぐ
地図:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

※13:30からロビーで入館証を配布します

<プログラム>
●シンポジウム
河田昌東(遺伝子組換え情報室)
齋藤敏之(農民運動全国連合会)
天笠啓祐(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)
●意見交換
厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁(予定)

参加費500円

署名提出緊急集会チラシ

主催:日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、食の安全・監視市民委員会

【問合せ先】
日本消費者連盟
☎ 03-5155-4765
Fax 03-5155-4767
Eメール office.j(アット)nishoren.org ※(アット)を@に変えてお送りください。

***************************************

<署名について>
すべてのゲノム編集作物の栽培を規制し、食品の安全性審査を行い、表示することを求める署名にご協力ください。署名は個人用と団体用があります。個人の方はネット署名も可能です。署名については以下の「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」のHPをご覧ください。署名の集約日は2019年1月25日です。
http://gmo-iranai.lolipop.jp/archives/2371/