日本消費者連盟
すこやかないのちを未来へ
企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を優先する世の中に変えたいと活動しています。

運営委員ブログ

【運営委員ブログ】年よりの独りごと(2021年11月12日)

  年齢を重ねてくると、何をするにも気合いを入れなければ、行動が伴わない。若い時にはさっと身体が動いたのに、いやに慎重になり、ゆっくりの動きとなってきました。老いを自覚するのは何気ない時です。電車やバスに乗って席を譲っていたのが、最近は席を譲られ、「ああ、そんな年齢になったんだ」としみじみ感心します。そして、少しの段差にもつまづいて、かろうじて転ばずに済んだりしてほっとしたりします。 そ…

【運営委員ブログ】化学物質過敏症の悩み(2021年10月11日)

    私は化学物質過敏症で、困っています。最近、郵便や宅配便の配達人の方が強烈な匂いを発していたり、車検に出した後の車の中が強烈に匂ったり、一番困るのが仕事関係で会う方がくさい…。おそらく本人は、香り控えめなつもりだと思うのですが、私の化学物質過敏症が、最近、悪化しているらしく、強烈な香りがなくてもある特定の方の近くにいると気分が悪くなるようになりました。会わなくてもすむ人だ…

【運営委員ブログ】日本で2つめのゲノム編集食品の届け出(2021年9月30日)

  高GABAトマトに続き、遺伝子の一部を人工的に操作した「ゲノム編集食品」の2つめの届け出が厚生労働省に出されました。筋肉の発達を抑えるミオスタチン遺伝子を壊すことによって、短期間で筋肉量が多くなるよう改良されたマダイです。   すでに様々な影響と懸念が指摘されていますが、ゲノム編集食品には安全性評価も環境影響評価も表示もありません。商業生産によって、実験レベルとは桁違いの量…

【運営委員ブログ】治山治水というけれど(2021年9月10日)

  今年の夏も集中豪雨に見舞われ、河川の氾濫や住宅地の水没などによる生活基盤の破壊は凄まじいものでした。河川の水は元来、その流域の人びとの暮らしの基盤で利用されながら、時にはその牙をむいて住民に襲いかかった歴史を重ねてきました。しかし、水無く水を求める地域住民と流域民との協力で、水を活用するための通水事業の歴史も刻まれました。   その1つが愛知用水です。水に困り雨水に頼らざる…

【運営委員ブログ】コロナと貧困(2021年8月25日)

    新型コロナ感染が終息どころか急拡大する中、各種メディアでコロナ禍による貧困の急速な広がりが取り上げられています。例えば「働いていたお店が休業となり収入が途絶えた」「派遣切りに遭って寮を追い出され住むところがない」「生活が苦しく生きる希望すらない」等々の声。今、日本人の6人に1人は貧困状態にあると言われています。   一刻も早く感染拡大を食い止め、医療崩壊を防ぎ…

【運営委員ブログ】稲葉光國さんの遺志を継いで(2021年5月31日)

   栃木県の民間稲作研究所を立ち上げ、日本の有機農業推進運動を牽引して来られた、稲葉光國さんが昨年12月11日に亡くなられてから、既に半年近くの歳月が流れました。過去5年の間に、稲葉さんと一緒に関わった、ブータンでの有機稲作のプロジェクトを始め、千葉県いすみ市での学校給食の有機食材化など、稲葉さんが最後の力を振り絞って行ってこられた活動に、一緒に関わることができ感謝の思いで一杯です。    稲葉…

【運営委員ブログ】阿須山中のメガソーラー事業に反対(2021年5月19日)

  埼玉県飯能市には阿須山中(あずやまなか)という自然公園丘陵地帯があります。針葉樹、広葉樹が混じる混交林で、標高は200メートル程のなだらかなハイキングコース、自転車を押してくる人にも何回か出会います。 5月4日、みどりの日にふさわしい天気に恵まれ久しぶりに行ってきました。案内は「加治丘陵自然を守る会・飯能」のメンバーさんたちでした。 17ヘクタールもの太陽光発電事業と0.9ヘクタール…

【運営委員ブログ】新型コロナ発生から1年余(2021年4月30日)

  【運営委員ブログ】新型コロナ発生から1年余(2021年4月30日)   第4波に入り、東京都と関西の3府県には、また緊急事態宣言が出されました。変異ウイルスが確実に拡大している中で、私たちは政府・地方自治体の中途半端な対策には頼ることはできません。   思えば、安倍政権の新型コロナ対策は初動から失敗の連続でした。ダイヤモンドプリンセス号のゾーニング失敗による船内感…

【運営委員ブログ】「コメと野菜でつながる百姓と市民の会」カンパへのお礼(2021年4月15日)

  『消費者リポート』3月号で日消連も参加している「コメと野菜でつながる百姓と市民の会」を紹介したところ、たくさんの方からカンパを送っていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。この活動は、リポートでも書きましたように、コロナ禍で貧困に陥り、食べることに事欠く人たちが都市部に増えている状況に対し、コメや野菜をつくっている農民がモノを出し、その送料を町に住む有志が出そうということ…

【運営委員ブログ】大江正章さんの急逝(2021年1月12日)

  昨年12月、日消連とも親交がある市民団体「アジア太平洋資料センター」(PARC)の共同代表の大江正章さんが急逝されました。出版社「コモンズ」を1996年に創設し、農や食、アジアなどをテーマに、暮らしを見直し、新たな価値観を伝えることをモットーに多くの本を発刊。病院と仕事場を往復していた昨年も「有機農業大全」「写真集キャンドル革命―政権交代を生んだ韓国の市民民主主義」「甘いバナナの苦い…

1 2 7