日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

連続講座「消費者からみたTPP問題」にご参加ください

2012年1月にスタートした連続講座「消費者からみたTPP問題」。第2回のテーマは「食品表示が奪われる」です。ぜひご参加ください。

日時 2012年2月23日(木)13:30~16:30

会場 早稲田奉仕園 セミナーハウス6ABC号

※講師変更のお知らせ

真嶋良孝さんによる「TPPと食糧主権」は、講師の都合により、安田節子さん「TPPの問題点について」(仮題)に変更させていただきます。

●基調講演 「TPPの問題点について」(仮題) 安田節子さん(食政策センターVision21)

●講演 「TPP参加で食品表示ルールはどうなる?」 山浦康明(日消連共同代表)

●意見交換

資料代:500円

※会場の都合があるため、事前予約(tel 03-5155-4756)をお願いします

今回の講座では、TPP最大の問題点として「食の安全」を挙げ、「食の安全と真っ向から対立するTPPは亡国への道」と警鐘を鳴らす安田節子さんに、TPPに参加すると私たちの暮らしはどのような影響を受けるのか、お話しいただきます。また、TPP参加により、消費者の知る、選ぶ、安全に暮らすための権利である食品表示がどうなるのか、日消連共同代表の山浦康明が詳しくお話しします。

TPPを私たち市民の問題として捉え、グローバル化から私たちの暮らしを守るために消費者は何ができるのか、考えたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

会場へのアクセス:地下鉄東西線「早稲田駅」徒歩5分、または高田馬場駅よりバス(早大正門行)「西早稲田バス停」下車5分 (詳しくはこちら http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

主催:日本消費者連盟、食の安全・監視市民委員会、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

【予約・問い合わせ先】 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン TEL 03(5155)4756