日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

消費者リポート 1527号 2013.02.07

電子版(pdf) 300円

電子版(pdf) 300円


紙版(ハードコピー)500円の
購入申し込みはこちら

もうすぐ3.11の2周年。ふり返ってみると、私たち日本に住む人間にとって、あの事件がいかに大きな歴史的転換点となったかが、年を経るごとに実感されます。▶2012年12月15日から福島県郡山市で国際原子力機関(IAEA)と日本政府の共催で「原子力安全に関する福島閣僚会議」が開かれました。その本当の意図とは? IAEAはチェルノブイリで何をしてきたのか?▶そろそろ佳境に入ってきた政府の「食品表示一元化」の動き。私たち消費者から見て何が問題で、どう改正すべきなのか?について日弁連が「意見書」を提出。その中身とは?▶「消費者リポート」電子版のダウンロード販売、いよいよ本格開始!(共同代表・真下)

もくじ


  • 1・hot news 3.11から2年:忘れないよ、震災いらないよ、原発——今年もつづけよう「さようなら原発」アクション
  • 2・news file 食のいまを見つめ直す連続学習会 第3回「こんなに食べてるの?食品添加物」報告
  • 2・news file 安倍政権で甦る!?「秘密保全法案」: 国会に提出される日は近い
  • 3・news file 「消費者のためとなる食品表示法を求める意見書」を提出した理由: さらに具体的な意見書を準備する日本弁護士連合会
  • 4・topics IAEA(国際原子力機関)の健康被害評価は非科学的:私たちはこう進もう!—— 2012年12月15・16日「脱原発世界会議2」郡山・東京アクション報告
  • 6・特別連載 BSEとアメリカ産牛肉③:非定型BSEは安全か?
  • 8・hot news もうじきアメリカで正式承認!?:遺伝子組み換え鮭がやってくる