新ワクチン、同時接種をやめ、救済は迅速に!:副反応による死亡24例中18例が同時接種

13年4月1日から、予防接種法上の定期接種となった新3ワクチン(ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がん)ですが、世田谷区でヒブワクチンによる死亡事故が発生しました。

ヒブワクチンの副反応報告には、販売開始から12年12月31日までに24名の死亡が報告されています(製薬会社から3例、医療機関から21例)。このうち、二種同時接種による死亡例は[…(927文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]