日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

福島原発告訴団:この世界のありようを変えるために── 告訴の行方に関心を

2013年11月22日、東京検察審査会に第二次申し立て(撮影:今井朝)

2013年11月22日、東京検察審査会に第二次申し立て(撮影:今井朝)

福島原発告訴団団長 武藤 類子

 あの3・11原発震災から3年の月日が流れようとしています。しかし、事故は何ひとつ終わっていません。むしろ被害は拡大しています。18歳以下の甲状腺検査の結果、約25万人中がんとがんの疑いが74名です。一方的な帰還政策により打ち切られる支援、居住地に積み上げられる放射性廃棄物、事故収束や除染のための夥しい被曝労働、そして人々の分断は最も深刻です。一方で、この事故の責任は[…(1528文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: