日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【要請書】鉄道敷地内における除草剤使用に関する要請書(2020年6月4日)

 

2020日消連第8号
2020年6月4日

鉄道会社(※)各位

特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

 

鉄道敷地内における除草剤使用に関する要請書

 本年3月10日付「貴施設内における除草に関する公開質問状」へのご回答をありがとうございました。貴社からは除草剤を散布している旨のご回答をいただきましたが、具体的な薬剤名への回答はありませんでした。おそらくグリホサート製剤を散布されているのではないかと拝察いたしました。改めて申し上げますが、グリホサートを有効成分とする除草剤(ラウンドアップその他の名称で販売)は国際機関によっても発がん性の疑いが認められ、その他の毒性も報告されています。散布作業者及び沿線住民に健康被害を及ぼしかねない、問題のある薬剤です。同質問状公開後、市民から鉄道会社の回答に関する問い合わせが多数寄せられており、この問題への関心の高さが伺えます。改めて以下のように要請します。

1、グリホサートについてメーカーは「安全」と宣伝していますが、実際には発がん性だけでなく、発達神経毒性(発達障害との関係)、内分泌撹乱性、免疫毒性など多くの毒性が報告されています。特に発がん性については米国で被害訴訟が相次ぎ莫大な賠償が命じられていることはご存知の通りです。散布作業者及び沿線住民の健康被害を招く恐れがあります。このような除草剤の散布は今すぐ中止してください。

2、グリホサートなどの除草剤使用に代わる除草方法として、機械刈りのような安全な方法を検討してください。

以上

※質問状を送った鉄道会社
東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)
東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
四国旅客鉄道株式会社(JR四国)