日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【要望書】遺伝子組み換え及びゲノム編集による育種の研究の実態調査についての要望書(2020年6月5日)

 

2020日消連第12号
2020年6月5日

文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 御中

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐
特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興

 

遺伝子組み換え及びゲノム編集による育種の研究の実態調査についての要望書

私たちは、食の安全を求めて取り組んでいる消費者団体・市民団体です。
さて、去る5月13日ゲノム編集コオロギを使った「コオロギせんべい」の発売が報じられ、結果としてこの報道は誤報だったとわかりましたが、徳島大学の三戸太郎准教授と同大学発ベンチャーのグリラスが共同でゲノム編集技術を用いて脱皮ホルモンを制御したコオロギを研究開発していることは事実ということでした。今後このような研究が国の調査がされていないまま行われているとしたら生物多様性を破壊すことになります。至急調査することを要望します。
お忙しいところ恐れ入りますが、6月22日までに文書にて回答いただけますようお願いいたします。いただいた回答は当団体のホームページ等で公開します。

1、遺伝子組み換え及びゲノム編集による育種の研究が、各大学、研究機関でカルタヘナ法に基づいたプロセス及び研究施設環境下でなされているか実態調査することを要望します。

2、実態調査の分析、評価から問題点、改善提案の公表をお願い致します。

以上