日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【ハガキ作戦】三菱電機は防空レーダーをタイに売らないで(2018年4月19日)

日消連は、人の命を脅かす武器製造・輸出に反対し、三菱電機に対し防空レーダーをタイに輸出しないよう求め、三菱電機製品の不買運動を呼び掛けます。

今年3月、三菱電機は国家安全保障会議の承認を受けて、タイ空軍の防空レーダー入札に参加。タイ政府は今春にも結論を出す予定です。武器輸出三原則の撤廃から丸4年。いまだ完成品の輸出はありません。もし受注に成功すれば、最初の成功として武器輸出に拍車がかかる恐れがあります。三菱電機はほかに日英ミサイル共同開発にも参加し、新型の空対空ミサイルの輸出も狙っています。
私たちは、消費者として三菱電機の不買運動を進めるとともに、はがきを送って「武器輸出をしないで」という直接の声を届けましょう。

日消連は、「すこやかないのちを未来につなぐ」をモットーに、食の安全を脅かし環境を破壊する動きとたたかってきました。戦争は、いのちと環境を破壊する最も愚かな行為です。憲法9条のもと発展してきた日本企業が、いま政府の後押しで武器輸出に踏み出そうとしています。私たちは消費者として、「死の商人から買い物したくない」「平和な社会に役立つ製品を」と日本企業に訴えていきましょう。

日本消費者連盟、消費者・生活者9条の会

★三菱電機製品の不買運動を呼びかける記者会見
20180419 UPLAN
死の商人から買わないで!三菱電機は防空レーダーをタイに売るな!
【不買運動キックオフ会見】(約60分)

★添付のはがきを、表、裏別々に印刷して張り合わせ、切り取り、切手を貼って投函してください。

ハガキ表

ハガキ裏