日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【ブックレット】香害110番~香りの洪水が体を蝕む

あなたも被害者かも?!

香害110番

~香りの洪水が体を蝕む~

日本消費者連盟は、2017年に香りの害で苦しむ人を対象にした電話相談「香害110番」を実施しました。そこには、近隣の洗濯物や職場、学校などで充満する香害で、日常生活を送れないほどの苦しい症状を抱える声があふれました。いまや100万人とも言われる香害に苦しむ人のリアルな声がここにあります。これを機に立ち上がった患者や市民団体、周囲の理解を求めるために動きだした草の根の運動も紹介します。

※香害とは:柔軟剤、消臭除菌スプレー、制汗剤、芳香剤、合成洗剤などの強い香りを伴う製品による健康被害のこと。体臭は含まれない。

◆本書の主な内容

はじめに――「炭鉱のカナリヤ」の声を聞く

1章 「香害110番」に切実な声

職場や学校追われるケースも/困窮するくらし/子供たちが危ない

2章 香害ってなに?

誰が発症してもおかしくない 岡田幹治

初診患者5人に1人が香害に 水城まさみ

着香製品の中に毒性の強い物質が 水野玲子

3 市民団体動く

日消連の取り組み アロマ噴射を中止させる

8団体で消費者庁に要望 国民生活センターに専用窓口を

4 香りの自粛求める草の根の活動

中学校の保健だよりに掲載をお願い/香り自粛の啓発を市議会で要望/コインランドリー被害きっかけに相談センターを設立

5 シンプルライフのすすめ 田中輝子

  • 付録の「香料自粛のお願い」ポスター(A3)

日本消費者連盟 製作・発行

頒価500円(会員価格470円)

A5判/68ページ

 

ご注文は日本消費者連盟

FAX.03-5155-4767

(〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 電話03-5155-4765

 
「香害110番」チラシ&注文書