【運営委員ブログ】新型コロナ発生から1年余(2021年4月30日)

 

【運営委員ブログ】新型コロナ発生から1年余(2021年4月30日)

 

第4波に入り、東京都と関西の3府県には、また緊急事態宣言が出されました。変異ウイルスが確実に拡大している中で、私たちは政府・地方自治体の中途半端な対策には頼ることはできません。

 

思えば、安倍政権の新型コロナ対策は初動から失敗の連続でした。ダイヤモンドプリンセス号のゾーニング失敗による船内感染の拡大、「37.5℃4日間連続」という意味不明なガイドライン設定、PCR検査抑制による感染者数減らし、突然の休校宣言による混乱、さらには「アベノマスク」等々、実例を挙げたらきりがありません。

 

第2波最盛期の7月から「GoToトラベル」を開始し、就任直後の菅首相は東京も対象に加え、結果として第3波を巻き起こしています。うつむき加減に原稿を読む「緊急事態宣言」の会見を見て、菅首相の情報発信力の乏しさには改めてあきれるばかりです。自らの施策の説明責任が全く果たされていません。

 

新型コロナ発生から1年余が経ちましたが、検査体制1つとっても初期に課題とされていたことが改善されていません。常日頃、有事体制構築を叫んでいた政府ですが、現実に新型コロナに見舞われ、その「無為・無策」ぶり、危機管理能力の低さが露呈したと言えます。

 

私たちは、新型コロナ蔓延下において、人との会い方に十分気を使いながらも、友人・知人との出会いの中で自分らしさを感じる存在だと改めて思います。

 

 

(亀山亜土)