日本消費者連盟
すこやかないのちを未来へ
企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を優先する世の中に変えたいと活動しています。

2022年2月8日 「種苗に遺伝子操作の表示を求める署名」第2次集約分提出集会

 

ゲノム編集食品の現状~なぜ種苗に表示が必要か

 

2020年末に届出受理されたゲノム編集GABAトマトの苗が全国に配布され、遺伝子操作作物が栽培されるようになってしまいました。2021年秋にはゲノム編集魚も相次いで届出受理され、ほかにもゲノム編集生物が大学などで研究されています。ゲノム編集生物には届出義務も表示義務もなく、生産者も知らずに栽培してしまうことが懸念されるため、種苗への遺伝子操作の表示を求める署名に取り組みました。2021年7月の第1次集約署名提出に続き、今回は第2次集約分を提出します。署名提出集会では、行政との意見交換を予定しています。オンラインでもご参加いただけます。

【日時202228火)13:3016:00
13:00より議員会館入り口で入館証を配付します。

【会場参議院議員会館  B109会議室 オンライン中継あり)
最寄駅:地下鉄「永田町」駅1番出口すぐ
会場地図→https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

◎参加費無料(必ず事前にお申込みください)

★参加申込みフォーム→https://forms.gle/e74Ezo9fKWHACqWC8

◎申込み締切り:2月7日(月)15:00
オンライン参加者には2月7日中に参加のためのURLを送ります。

◎定員会場50名、オンライン500
会場参加者はマスク着用などコロナ対策をお願いします。コロナウイルス流行状況により、会場参加もオンライン参加に切り替えていただく場合がございます。

<プログラム>
●「ゲノム編集食品の現状~なぜ種苗に表示が必要か」天笠啓祐さん(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)
●署名提出
●農林水産省回答
●意見交換

主催:食農市民ネット、日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

【問い合わせ先】
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
TEL:03-5155-4756
メール:office@gmo-iranai.org