胆管がん被害を拡大させないために必要なこと——消費者のところまで規制の手が届かない

印刷業で多発する胆管がん

2012年3月、大阪の校正印刷会社の従業員3名が労災申請したことをきっかけに、印刷業で胆管がんが多発していることが社会問題化しました。

13年3月、厚生労働省の専門家委員会が、SANYO-CYP社の従業員ら16名(8人死亡)の胆管がんを労災認定しました。原因と指摘したのは、印刷機のインクをふき取る洗浄剤に含まれていた「1,2-ジクロロプロパン」と、「ジクロロメタン」の2物質です。同社の従業員は[…(1856文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]