地域からの報告 ④:北海道・小樽市危険な「ニオイ」ビジネス——“香害”で人々の健康が心配

地域からの報告 ④:北海道・小樽市危険な「ニオイ」ビジネス——“香害”で人々の健康が心配

イラスト:清重 伸之©

小樽・子どもの環境を考える親の会共同代表 神 聡子(看護師)

2012年末、東大大学院の遠山千春教授らのグループが、母乳や母体から体内に取り込んだ微量の化学物質が、子どもの心に影響を与え、精神障害を引き起こす可能性があると発表しました。6年ほど前には「合成香料によるヒトおよび生態系の汚染とリスク評価に関する研究」で、合成香料はイルカや鳥類、人の脂肪や母乳からも検出され、[…(1498文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]