日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

製造所固有記号制度は廃止させましょう:冷食農薬混入事件でまた問題が明らかに

イラスト:清重 伸之©

イラスト:清重 伸之©

食の安全・監視市民委員会は、2014年1月23日、消費者庁長官と消費者問題担当大臣宛に、製造所固有記号制度を廃止するよう求める意見書を出しました。これは、マルハニチログループの子会社アクリフーズ社製冷凍食品から、高濃度の殺虫剤マラチオンが検出された事件を受けたものです。

記号や番号では消費者はわからない

新聞の投書欄に、「プライベートブランド商品が[…(1176文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]

Tagged on: ,