日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【運営委員ブログ】コロナ禍の中で思うこと(2020年7月23日)

 

“アベノマスク”、“首相の自宅でのくつろぎ動画”で、新型コロナウイルスに対して、危機管理能力のなさと国民感覚との大きなズレを露呈し、国民一律10万円給付の遅れ、持続化給付金事業での特定企業への不透明な発注、さらにGo Toトラベルキャンペーンでの開始日変更・東京除外・キャンセル料の負担についての迷走等、目を覆うばかりのコロナ禍の中の安倍政権の現状です。

 

また、今はコロナ禍に隠れてはいますが、首相が「丁寧に説明します」と何度も口では言いながら、何らの説明責任を果たしてこなかった“モリ・カケ”問題、 首相自らの公職選挙法違反の指摘もある“桜を見る会”問題、首相に“忖度”したとされる官僚による、担当者を自死にまで追い込んだ公文書改ざん事件等、決してウヤムヤにしてはいけない大問題であり、私たち国民ももっと声を上げていかなければなりません。

 

翻って、福島原発事故発生時の原子力緊急事態宣言は、9年以上過ぎた今なお解除されていません。原発事故を忘れずに、被災者の皆さんに寄り添った活動を続けようと思います。

 

(本田悦子)