日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【消費者リポート】1637号(2020年9月20日発行)

 

 

2020年9月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。

今月の特集は
【独自調査】パンからグリホサートを検出 厳しい残留基準や規制が必要

発がん性のある除草剤グリホサー トがパンに残留していることが日本 消費者連盟と遺伝子組み換え食品い らない!キャンペーンの調査で明ら かになりました。残留していたのは 15 製品中 13 製品。国産小麦を使用し た2製品からは検出されませんでし た。農民連食品分析センターが昨年 行った調査では、パスタやシリアル、 カップ麺からも検出されています。 このように小麦製品が汚染されてい るのは、北米で収穫直前にグリホサ ートを散布して小麦を枯らすプレハ ーベストが行われているためです。 日本でも大豆への収穫前散布が判明 し、健康への不安が広がっています。

日消連・食の安全部会

━━━《内容》
1・表紙
2・3つの 「山」 が続く狸森に居て(自給農家 佐藤藤三郎)
/表紙のことば
3・特集:【独自調査】パンからグリホサートを検出 厳しい残留基準や規制が必要 >>
4・農民連食品分析センター所長 八田純人さんに聞く 輸入小麦を使った食品はグリホサートに汚染されている
6.日消連などの要請を受けホクレンが大豆の収穫前使用を中止
7・有機食品で体内のグリホサート濃度低下 学校給食から変えよう
8.Hot News 人より道具の 「GIGAスクール」 小寺隆幸 (前 京都橘大学人間発達学部教授)/ 東京メトロ車両に抗菌処理で影響は? 深谷桂子 (日消連・洗剤部会)
9.飯舘村にバイオマス発電撤回を求める 青木一政 (市民放射能監視センター【ちくりん舎】副理事長)/ 連載 放射能汚染ゴミのゆくえと「復興」 事業
10・News Clip:世界の消費者ニュース 2020 年8 月4 日〜8 月21 日
11・そこが知りたいQ&A シリコーン樹脂のクッキングシートは大丈夫? 【答える人】水野玲子 (サイエンスライター)
マーティンの鵜の目鷹の目  星に願いを…
12. 【各地の話題From 徳島県上かみ勝かつ町】エゴマトラストでGMOフリーゾーン宣言 ゲノム緊急アクションに連動して結成 食と農を守る会 柴田 憲德 / Information 参加しませんか? 各地のイベント情報 / 冊子紹介
13・Book:いま、 生命操作は明らかに臨界点を超えた──『 ゲノム操作と人権――新たな優生学の時代を迎えて』 (天笠啓祐 著)/ Cinema:黄泉と現世が混じりあう境界線──『 セノーテ』 (小田香 監督)
14・ワールドリポート:コロナ時代を生きる 徹底的な対策が続く韓国から人権と公権力の境目を考える 上前万由子 (社会的起業家)
15・事務局から&わせだより
16・連載 あの人に会いたい(9) いのちは1人で守れない 関東子ども健康調査支援基金 共同代表 木本さゆりさん

紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
以下のフォームよりご注文をお受け次第、こちらからご連絡させていただきます。
ご注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

消費者リポート お申し込みフォーム

【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
入会方法はこちらから

一つ前のページに戻る