2021年1月号 種子に遺伝子操作の表示を


種子に遺伝子操作の表示を

 国内で食用の遺伝子組み換え作物 は今のところ商業栽培されていませ ん。しかし、ゲノム編集という新し い遺伝子操作技術が登場し、届出第 1号のゲノム編集トマトの苗が無償 配布されようとしています。政府は この間、主要農作物種子法廃止、種 苗法改悪という種子をめぐる法改正 を強行しました。これは、多国籍バ イオ企業による農業支配、ゲノム編 集や遺伝子組み換え作物の栽培開始 と無関係ではありません。私たちは、 これから種子に遺伝子操作の表示を 求める運動に取り組みます。このま までは、農家も遺伝子操作の種子か どうかわからず、加工食品も原料に 遡って確認することができないから です。

日消連・食の安全部会

種子に遺伝子操作の表示を

特集詳細は、紙媒体「消費者リポート」のご購読をお願い申し上げます。

    紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
    以下のフォームよりご注文をお受け次第、こちらからご連絡させていただきます。
    ご注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

    消費者リポート お申し込みフォーム

    【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

    なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
    入会方法はこちらから

    一つ前のページに戻る