日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

 日消連について

私たちのまわりには危険なものがいっぱい

私たちのまわりには、いのちや健康を脅かす危険なものがあふれています。合成洗剤、医薬品、化粧品、アスベスト、農薬、食品添加物、電磁波など数え切れないほどです。これらは人間や地球全体を汚染するだけでなく、後の世代への大きなツケとなって影響を及ぼしていくでしょう。

その根本の原因は、人の命より企業の利益を優先する価値観で政治がおこなわれ、世の中が動いているからでしょう。けれども、私たち消費者がこうした危険なものを見分け、買わないように、使わないようにすれば、現状を変えることができます。日本消費者連盟は、「すこやかないのちを未来につなぐ」ことを目標に、1969年の創立以来40年間にわたって活動を続けてきました。