原発をやめる「脱原発基本法」をつくるために:脱原発を軸に市民の圧力で参議院選野党共闘を

CR1532_p2

福島原発事故から2年目の3月11日、「脱原発基本法案」が参議院に提出されました。法案の発議者は生活の党・社民党・みどりの風の3党と無所属の糸数慶子議員。これに民主党4人とみんなの党4人が賛同、生活の党など14人が賛成し、合計26名の参議院議員による提案です。

法案は市民団体「脱原発法制定全国ネットワーク」(日消連も呼びかけ団体として参加)の弁護士らが[…(920文字) 続きを「消費者リポート」pdf版を購入して読む]