【書籍】マーティンの鵜の目鷹の目

 

日本消費者連盟の月刊誌「消費者リポート」に連載中のエッセイ「マーティンの鵜の目鷹の目」が書籍になりました!

著者のマーティン・フリッドさんはスウェーデン生まれ。ヨーロッパの消費者運動に関わった後、約20年前に来日し、現在は日消連の運営委員として、海外向けニュースレター「Japan Resources」の発行などに携わっています。プライベートでは野菜作りや陶芸を楽しみ、埼玉県飯能市での田舎暮らしを満喫しています。

そんなマーティンさんの魅力が目一杯詰まったのが本書「マーティンの鵜の目鷹の目」。人びとの日常によりそいながら軽妙なユーモアを交えて食、環境、エネルギー、社会のあり方、政治、経済を考えます。

 

<もくじ>
第 1 章 ラムサール条約から TPP へ 2012 年~ 2014 年
第 2 章 アメリカの食を変えたブロガー 2015 年
第 3 章 野菜を育てる 2016 年
第 4 章 きれいな空気は人権 2017 年
第 5 章 英語で発信する効用 2018 年
第 6 章 悪魔と食事をする時は… 2019 年
第 7 章 アーモンドとミツバチ 2020 年
【解説】世界の消費者運動の今
世界の消費者運動の歴史と課題 天笠啓祐
アジアの消費者運動と連帯する 纐纈美千世

「はじめに」から
1988年8月に、わたしは日本へやって来ました。はじめて口にしたお寿司やお刺身のおいしさは忘れられません。ご飯、味噌汁。日本の食べ物は世界一おいしいと感動しました。煮物やおひたし、漬け物など、日本にはすばらしい伝統食がたくさんあります。しかし、日本は食料自給率がことのほか低く、「地産地消」が崩れてしまっています。食への不安、環境問題やエネルギー問題や貿易問題など、消費者の側からのエッセーが必要です。なによりも私自身が、そんな本が欲しくて『マーティンの鵜の目鷹の目』を書きました。

■著者プロフィール
1966年、スウェーデンの南部の都市マルメで生まれる。ヨーロッパの消費者運動に関わったあと、15年前から日本に定住。現在、日本消費者連盟運営委員。海外向けニュースレター「Japan Resources」発行を担当すると同時に、WEBや映像の発信にも尽力する。野菜作りや陶芸が趣味。埼玉県飯能市に山の中に住む。日本語の著書に『ニッポン食の安全ランキング555』(2009年、講談社)。

マーティン・J・フリッド/著
清水洋子/訳
日本消費者連盟/発行
社会評論社/発売
2021年3月発行/A5 判/154 ページ
1,430円(税込)のところ、日消連にご注文いただければ、1,170円+送料167円です(振込手数料が別途かかります)。

<ご注文は下記まで>
日本消費者連盟
FAX:03(5155)4767
eメール:office.j@nishoren.org

■「マーティンの鵜の目鷹の目」注文書

Tagged on: