2021年4月号 脱プラだけでいいの? 再生紙を選んで環境を守る


脱プラだけでいいの?再生紙を選んで環境を守る

 レジ袋の有料化でようやく脱プラスチック意識が芽生えつつある日本。
それでは、代わりの紙袋ならいくら使ってもいいのでしょうか。紙は製品になった紙をリサイクルして製造する再生紙の比率が高いので、プラスチックに比べて自然からの収 奪を抑制することができます。排出後も分解されないプラスチックの弊害を考えれば、分解する紙のほうが環境に良いといえるでしょう。プラスチックを使うくらいなら紙を、そして森林破壊につながるバージンパ ルプ (※)ではなく再生紙を選ぶことが望ましいのです。

※バージンパルプ 古紙などを再生したものではなく、主に木材から製造したパルプ。パルプとは紙を作るための繊維のこと。

日消連・環境部会

脱プラだけでいいの?再生紙を選んで環境を守る

特集詳細は、紙媒体「消費者リポート」のご購読をお願い申し上げます。

    紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
    以下のフォームよりご注文をお受け次第、こちらからご連絡させていただきます。
    ご注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

    消費者リポート お申し込みフォーム

    【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

    なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
    入会方法はこちらから

    一つ前のページに戻る