日本消費者連盟
すこやかないのちを未来へ
企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を優先する世の中に変えたいと活動しています。

香害をなくす活動に取り組む議員

香害をなくす活動に取り組む議員

香害をなくす連絡会(事務局・日消連)が活動し始めて5年が経ちます。この間、被害者アンケートに取り組み、メーカーや行政へ働きかける中で、被害の実態が知れ渡るようになりました。地方議会や地方行政の動きも、被害に苦しむ人に寄り添った施策の推進、着香製品の使用自粛を求める啓発活動、国に実態調査や原因追求を求める意見書提出など活発化してきました。2021年までに「香害」に関連して議会質問した議員は、市区町村議会で187人、都道府県議会で24人、国会議員で6人、合計217人に上ることがわかりました。生活者の声を代弁する議員の活動が大きなうねりになりつつあります。

※香害をなくす連絡会日本消費者連盟(事務局)、ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議、有害化学物質削減ネットワーク、化学物質過敏症支援センター、日本消費者連盟関西グループ、反農薬東京グループで構成。

日消連・洗剤部会

特集詳細は、紙媒体「消費者リポート」のご購読をお願い申し上げます。

    紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
    以下のフォームよりご注文ください。

    消費者リポート お申し込みフォーム

    【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

    なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
    入会方法はこちらから

    一つ前のページに戻る