日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

【要望書】コーデックス薬剤耐性対策に関する実施規範に対する要望(2019年11月27日)

 

2019日消連第16号
2019年11月27日

農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課課長
石川清康様

特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興

 

コーデックス薬剤耐性対策に関する実施規範に対する要望

 私たち日本消費者連盟は1969年創立の消費者団体で、「すこやかないのちを未来につなぐ」を理念に掲げ、いのちや健康を何よりも大切にする社会をめざして活動しています。

 2019年12月9日から韓国で開催されるコーデックスの薬剤耐性菌に関する特別部会(TFAMR)に向けて、現在「薬剤耐性の最小化および抑制のための実施規範(CXC61-2005)」へのコメントが募集されています。特に農業における抗生物質使用に関する実施規範は、日々の食卓、子どもたちの健康、そして医療の将来と直結するもので、私たちも高い関心をもって議論を見守っているところです。また抗微生物薬耐性(AMR)の問題は、本年、日本政府がリーダーシップを発揮して取りまとめられたG20首脳宣言、およびG20保健大臣会合の成果文書でも、取り組みへの強い決意が表明されました。まさにそれらの宣言を実施に反映させ、より問題の根本的な解決につながる実施規範を作成する機会です。日本政府の実施へのコミットメントを期待し、具体的な改定案を含む以下の点について要望します。

1、医療上重要と分類される抗生物質(MIAs)が成長促進の目的で使用されることを禁止する原則を支持します。

2、疾病予防を目的とした医療上重要と分類される抗生物質(MIAs)の使用を厳しく制限する原則を支持します。

3、成長促進を目的とした抗生物質はMIAsに限らず、共耐性、交差耐性につながりかねない抗生物質についても使用を認められるべきではありません。(参照:下表のPrinciple 5)

4、MIAsの定期的(常態的)な使用を禁止し、やむを得ず使用する場合にも期間を限定すべきです。現在、抗生物質使用の最大の目的は、不衛生かつ密集した環境で飼育される家畜の疾病予防にあります。本来、家畜の健康は、予防接種や衛生状態の改善、飼育密度の緩和、そして病気にかかった家畜の治療にのみ投与される薬剤によって守られるべきです。(参照:下表のPrinciple 6)

5、特定の疾病に対する予防的措置として使用される場合にも、期間を限定して使用されるべきです。(参照:下表のPrinciple 7)

6、広告・宣伝に関する規定は大変重要であり、特に「慎重使用およびその他(の規制的な推奨事項)」の記述を再度挿入し、「Control of Advertising」と「Advertising」のセクションを31の挿入事項とともに、そのまま明記することを要望します。(参照:下表の「Control of Advertising」の パラグラフ41、42および「Advertising」のパラグラフ30と31)

 

パラグラフの番号 修正・加筆・削除の提案
Principle 5 Responsible and prudent use of antimicrobial agents does not include the use for growth promotion of antimicrobial agents that are considered medically important or are able to cause cross- or co-resistance to antimicrobial agents that are considered medically important. Antimicrobial agents that are not considered medically important should not be used for growth promotion unless potential risks to human health have been evaluated through procedures consistent with the Guidelines for Risk Analysis of Foodborne Antimicrobial Resistance CAC/GL 77-2011.
Principle 6 Medically important antimicrobial agents should only be used for therapeutic purposes (treatment or control/metaphylaxisprevention/prophylaxis of disease); or in certain circumstances for research and conservation.
Principle 7 When used for prevention/prophylaxis of a specific disease risk, medically important should only be used in well-defined circumstances for a limited time period, based on epidemiological and clinical knowledge, and follow appropriate professional oversight, dose, and duration.
Control of Advertising

Article 30

Competent authorities should assure ensure that advertising and promotion of antimicrobial agents is done in accordance with national legislation or policies
Control of Advertising

Article 31

Advertising and promotion of antimicrobial agents should be done in a manner consistent with prudent use guideline and any other prudent use guidelines and any other specific regulatory recommendations for the product”
Advertising

Article 41

このまま維持してください

It is the responsibility of the marketing authorization holders to only advertise antimicrobial agents in accordance with the provisions of paragraphs 30-31 on the Responsibilities of the Competent Authorities, Control of Advertising and to not advertise medically important antimicrobials to producers.
Advertising

Article42

 

Advertising should only be targeted to persons permitted to prescribe or supply antimicrobial agents. Promotional campaigns involving economic or material benefits for prescribers or suppliers of antimicrobials should be discouraged not be used.”