日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2019年10月号「安全でおいしい肉を食べたい!」


安全でおいしい肉を食べたい!
進む農畜産物の総自由化のなかで

 

 「最近、スーパーで国産のお肉のスペースが減った気がする」「貿易自由化が叫ばれているけど、食卓は大丈夫?」 ――昨年末から今年にかけて、日本は環太平洋諸国やヨーロッパ各国との通商協定を次々に結んできました。
 そして、いま最大の貿易相手国アメリカとも締結しようとしています。その焦点は農畜産物、中でも牛・豚肉はかつてなく関税が大幅に下がります。すでに食肉の輸入は過去10年間で33%も増加。「安くなるからいい」と単純に考えていていいのでしょうか。
 「肉」 の世界から貿易の自由化、グローバル化の問題を考えてみます。

消費者レポート2019年10月号 特集

特集の続きをお読みになりたい方は、紙媒体「消費者リポート」をご購入くださ
い。1冊1000円(送料込)で販売しています。

——————————————————
消費者リポート購入ご希望の方は以下の内容を「office.j@nishoren.org」まで
お送りください。
メールの件名に「消費者リポート購入希望」とお書きください。

【お名前 (必須)】
【ご住所(必須)】
【メールアドレス (必須)】
【電話番号】
【希望する号数もしくは何年何月号(必須)】

ご注文のメールを受け取り次第、こちらからご連絡します。
注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡くだ
さい。
———————————————————-

入会方法はこちらから