日本消費者連盟 | すこやかないのちを未来へ

2020年9月号 【独自調査】パンからグリホサートを検出 厳しい残留基準や規制が必要


【独自調査】パンからグリホサートを検出 厳しい残留基準や規制が必要

 発がん性のある除草剤グリホサー トがパンに残留していることが日本 消費者連盟と遺伝子組み換え食品い らない!キャンペーンの調査で明ら かになりました。残留していたのは 15 製品中 13 製品。国産小麦を使用し た2製品からは検出されませんでし た。農民連食品分析センターが昨年 行った調査では、パスタやシリアル、 カップ麺からも検出されています。 このように小麦製品が汚染されてい るのは、北米で収穫直前にグリホサ ートを散布して小麦を枯らすプレハ ーベストが行われているためです。 日本でも大豆への収穫前散布が判明 し、健康への不安が広がっています。

日消連・食の安全部会

【独自調査】パンからグリホサートを検出 厳しい残留基準や規制が必要

特集詳細は、紙媒体「消費者リポート」のご購読をお願い申し上げます。

紙媒体「消費者リポート」は、1冊1000円(送料込)で販売させていただいています。
以下のフォームよりご注文をお受け次第、こちらからご連絡させていただきます。
ご注文から1週間以上たっても連絡がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

消費者リポート お申し込みフォーム

【日本消費者連盟 個人情報保護方針】

なお「日本消費者連盟会員」にご入会いただいた方には、ご希望の消費者リポートの「バックナンバー」を1冊差し上げます。
入会方法はこちらから

一つ前のページに戻る