憲法について考える書籍を発刊しました

日本消費者連盟は消費者・生活者9条の会と『孤立し漂流する社会を生きる私』(市民がつくる“憲活”レポート)を発刊しました。

憲法を変えようという動きが強まっています。本当にそれでいいのでしょうか。今の憲法のもとで暮らしていても、人びとは孤立し生活する居場所を失いつつあります。漂流社会を生きる人びとの肉声をとり上げながら、あたり前の暮らしを取り戻すために、私たちがどのように憲法を活かしていけるかを考えるためにつくった一冊です。ぜひご購読ください。

 

孤立し漂流する社会を生きる私―市民がつくる“憲活”レポート

孤立し漂流する社会を生きる私

 

日本消費者連盟、消費者・生活者9条の会 編
七つ森書館 発行
新書判並製/132ページ/定価926円+税

1 冊1000 円(送料込)
会員は900 円(送料込)

<ご注文・お問合せ>
日本消費者連盟
電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767
Eメール:office.j(アットマーク)nishoren.org ※(アットマーク)は@にしてお送りください。

※多部数のご注文は上記までお問い合わせください。

 

 

[… 続きを読む]

出版記念シンポジウムのご案内

日本消費者連盟/消費者・生活者9条の会編
新刊『孤立し漂流する社会を生きる私』(市民がつくる“憲活”レポート)

出版記念シンポジウム
「暮らしの中で憲法を活かそう」

 参院選の争点に浮上した憲法改正。自民党起草の新憲法が制定されれば、基本的人権は侵され、平和に生きる権利は失われてしまいます。私たちが暮らしの中でこれは憲法に照らしておかしいのでは?と感じることが、権力者の暴走を抑える力になります。新刊本では、孤立し居場所を失った人々の生活を見つめ、憲法を意識することの大切さをかみしめます。主権者としてどう行動していったら良いか、ご一緒に考えてみませんか。

日時 2016年618日(土)13:30~16:30

会場 東京しごとセンター講堂地下2階)
(東京都千代田区飯田橋3-10-3)
会場アクセス→http://www.tokyoshigoto.jp/traffic.php
JR・地下鉄「飯田橋駅」3~7分、JR「水道橋駅」5分、地下鉄「九段下駅」8~10分

基調講演
「くらしの中で憲法を活かそう」

太田伊早子さん(明日の自由を守る若手弁護士の会)

シンポジウム
「あたり前の暮らしを取り戻す」
本に登場する人たち

参加費 1200円(新刊本付き)、500円(本無し)
※新刊本:定価1000円(税込)

[… 続きを読む]

東急電鉄の「香りの空間演出に関する質問状」への回答

東急電鉄がこの2月から始めた駅構内での「香りの空間演出」に対する中止要請および公開質問状(2月9日付)への回答が同23日に届きました。

回答は、「いただいたご意見を参考にさせていただき、さらなるサービス向上に努めてまいります」というもので、化学物質過敏症の人などへの対応や、被害が出た場合の対処方法を聞いた質問にはまったく答えていません。

そのため、東急電鉄にきちんと質問に回答してほしいと電話をかけましたが、担当者は「先日お送りした回答以上の回答はありません」と答えるのみでした。

東急電鉄からの回答(PDF)

遺伝子組み換え鮭のブックレットできました!

2015年11月に米国で遺伝子組み換え(GM)鮭が正式に承認されました。遺伝子組み換え技術によって成長スピードを速めた鮭で、GM動物としては初めての承認となります。食べものとしての安全性は大丈夫なのか、環境への影響はないのか、など疑問や不安は尽きません。
そこで、日本消費者連盟では、今回のGM鮭に関するブックレットを発行しました。GM鮭がどんなものなのか、どのような問題があるかなど、分かりやすく解説しました。米国で盛んになっているGM食品表示を求める市民運動についても紹介しています。ぜひお買い求めください。

『遺伝子組み換え鮭がやって来る!』

天笠啓祐 著
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 編集
特定非営利活動法人日本消費者連盟 発行

GM鮭ブックレット表紙

A5判
56頁
頒価500円(送料別)

<ご注文・お問合せ>
日本消費者連盟
電話:03-5155-4765
FAX:03-5155-4767
Eメール:office.j(アットマーク)nishoren.org ※(アットマーク)は@にしてお送りください。

FAXで注文される方は、こちらのGM鮭ブックレット注文書をご利用いただけます。

※送料は10冊まで82円。11冊以上、またはお急ぎの場合はお問い合わせください。

「すべての遺伝子組み換え食品に表示を求めます」署名を継続します

2015年秋に日消連と遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンで始めた「遺伝子組み換え食品表示の厳密な表示を求める100万人署名」。1月27日に衆議院第二議員会館で署名提出報告会を開催し、当日までに集まった第一次集約分の署名13万筆8817筆(うちネット署名2222筆)を消費者庁担当者に手渡しました。

今回の署名活動は全国各地で草の根的に広がり、活動継続を望む声が多数寄せられました。署名活動を継続することにしました。ご協力をお願いします。第二次集約は2016年8月31日です。

署名用紙は以下からダウンロードできます。署名用紙の文面および要求項目は第一次集約(2015年12月20日)分と同じです。第一次集約で署名いただいた方は今回は署名できませんのでご注意ください。
pdf 署名用紙(PDF)

[… 続きを読む]

東急電鉄に「香りの空間演出」の中止要請と質問状

東急電鉄による駅構内での「天然アロマによる香りの空間演出」は、化学物質過敏症に苦しむ人への配慮に欠けるとして、このたび中止要請および公開質問状を出しました。

[… 続きを読む]

2016年春の連続講座のご案内

日本消費者連盟の事務所を会場として、講師を囲んだ小グループによる学習交流の場である「日消連講座」は、今度で4回目を迎えます。 今回の2016年春の講座は、「アジア、ヨーロッパの農業・食料問題」と「電磁波問題」をテーマとした2つのコースにより、次のように開設します。みなさまどうぞ、お気軽に足をお運びください。1回のみの参加も可能です。

◆「世界の農業・食料問題を考える」(全3回)
第1回 2月13日(土)/講師:マーティン・フリッド 終了しました
第2回 2月27日(土)/講師:マーティン・フリッド 終了しました
第3回 3月19日(土)/講師:田坂興亜 終了しました
いま世界の農業は、「アグリビジネス」といわれる多国籍的巨大企業による脅威にさらされています。しかし、その一方で、アジアでそしてまたヨーロッパで、これらに対抗し、安全な農産物を取り戻す運動も高まっています。そのような市民による活動にかかわり、自らも世界各地を歩く講師が、 農民や住民の立場に立った各国の実際の状況についてお話しします。

◆「電磁波のことをよく知ろう」(全4回)
第1回 2月24日(水)/講師:天笠啓祐 終了しました
第2回 3月30日(水)/講師:天笠啓祐 終了しました
第3回 4月27日(水)/講師:懸樋哲夫 終了しました
第4回 6月1日(水)に変更になりました 終了しました
今日パソコンや携帯電話など、私たちを取り巻く様々な機器から電磁波が発生していますが、その電磁波が人体に悪影響を与えることについては、あまり注意が払われていません。そこで今回は、「電磁波とは何か、何が問題か、どうしたら被害を防げるか」などについて、いっしょに考えてみたいと思います。

[… 続きを読む]

2月6日(土)シンポジウム「新たなバイオハザードの危険性」

日時:2016年2月6日(土)14時~17時

会場:雄山閣・中会議室 (東京都千代田区富士見2-6-9 雄山閣ビル4F)

[… 続きを読む]

1月27日(水)「遺伝子組み換え食品表示署名提出院内報告会」

TPP(環太平洋経済連携協定)署名に向けた動きが本格化しています。遺伝子組み換え作物では情報交換のための作業部会が設けられることになりました。作業部会の議論によっては、米国や多国籍企業の意向を受けて、現行の表示すら奪われる可能性があります。

私たちは、このまま消費者の「知る権利」「選ぶ権利」が奪われるのを座視しているわけにはいかないと、2015年8月から「すべての遺伝子組み換え食品に表示を求める」署名活動に取り組んでいます。現在、選べる表示を要望する多くの市民の声が寄せられています。

消費者及び食品安全担当大臣に署名を提出し、消費者庁に現行の表示制度を見直し、すべての食品に遺伝子組み換え表示を義務付けるよう要望しましょう。院内報告会にぜひご参加ください。

[… 続きを読む]

1月21日(木)緊急学習会「遺伝子組み換え鮭がすぐそこに」

2015年11月19日、アメリカで遺伝子組み換え(GM)鮭の販売を認める決定が出されました。日消連はGM鮭問題が持ち上がった当初から「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」と反対運動をしてきました。食べものとしての安全性に不安が大きいこと、生物多様性への影響が懸念されることなどが主な理由です。

今回の決定を受け、緊急学習会を開催することにしました。GM鮭とはどんなものなのか、何が問題なのかなどを学ぶとともに、「GM鮭なんていらない!」の声を広げたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

[… 続きを読む]