日本消費者連盟
すこやかないのちを未来へ
企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を優先する世の中に変えたいと活動しています。

書籍・出版・ブックレット・リーフレット

日消連では、私たちの身近な問題のひとつひとつについてもっと深く知るために、個別の問題をあつかったブックレットやビデオを発行しています。

マスコミや市販の書籍ではわかりにくい問題の核心を、誰もが知っている言葉で、わかりやすく解説しています。ふだんの読書やグループでの勉強会に、ぜひお使いください。

【DVD販売】DVD 「香害110番」販売のご案内(2019年3月11日)

  ミニ学習会にご活用ください DVD「香害110番」 日本消費者連盟は、2017 年に香りの害で苦しむ人を対象 にした電話相談「香害(こうがい)110 番」を実施。香りの害 に苦しむ患者の会や環境問題などの市民団体とともに“香害 をなくす“運動を始めました。このたび運動を広めるために、 被害者の苦しみを訴え、原因と解決の道を探るDVDを制作 しました。制作経費は、多くの方からのご寄付で…

【消費者リポート】1616号(2018年12月20日発行)

  12月20日発行の「消費者リポート」をお送りします。 特集は「学校管理が強まる 子どもの健康」です。 いま学校で子どもの健康管理が強まり、ワクチン接種の推奨、ピロリ菌検査の開始、フッ素洗口の拡大、色覚検査の復活などが進んでいます。また身体や健康に関わる情報が国によって一元管理されようとしています。2000年に国家戦略「健康日本21」が提唱され、02年には健康増進法が施行されました。健…

【パンフレット】みんなモルモット!遺伝子組み換え食品

    遺伝子は生き物のいのちの設計図です。 そんな大切な遺伝子を人間の都合で操作して作られる遺伝子組み換え食品。 私たちはいまだかつて食べたことがない食品を20年以上食べています。 食品としての安全性、環境への影響、企業による種子支配など、 遺伝子組み換え食品にはさまざまな問題が明らかになっています。 ■主な内容 -遺伝子組み換えってなぁに? -どんな遺伝子組み換え作物が作ら…

【消費者リポート】1608号(2018年4月20日発行)

消費者リポート1608号(2017年4月号)をご案内します。 今回の特集は「香害」。 昨年夏に香りの害に苦しむ人を対象に実施した電話相談「香害110番」から半年が経ち、香害という言葉も定着してきました。この間、患者団体、環境団体などとつながり、関係省庁に要望書を提出するなど、香害をなくすための活動を進めてきました。 このたび香害110番の声を社会に届け運動を広げるために、ブックレット「香害110番…

【消費者リポート】1607号(2018年3月20日発行)

3月20日発行の「消費者リポート」1607号をお届けします。 今回の特集は「忘れつつある人たちへ 原発事故による健康影響はこれから」。 福島第1原発の事故から7年。チェルノブイリ事故に学べば、事故から30年経ったいまも汚染地で健康影響が続いています。日本でも既に小児甲状腺がんの多発が明らかになっています。政府は甲状腺検診を縮小しようとしていますが、これに対し福島県内外で民間による患者支援や検診実施…

【ブックレット】香害110番~香りの洪水が体を蝕む

  あなたも被害者かも?! 香害110番 ~香りの洪水が体を蝕む~ 日本消費者連盟は、2017年に香りの害で苦しむ人を対象にした電話相談「香害110番」を実施しました。そこには、近隣の洗濯物や職場、学校などで充満する香害で、日常生活を送れないほどの苦しい症状を抱える声があふれました。いまや100万人とも言われる香害に苦しむ人のリアルな声がここにあります。これを機に立ち上がった患者や市民団…

【消費者リポート】1604号(2017年12月20日発行)

  12月20日発行の「消費者リポート」1604号をお届けします。 今や私たちの生活と切っても切れないインターネット。 友だちとの連絡や、商品の購入、調べものもネットで検索という人は多いのではないでしょうか。 便利で簡単なので、ついつい何もかもネットに頼りがちですが、それらを通して私たちがインターネット会社に「提供」している個人情報はきちんと守られているのでしょうか。 今回は便利さと引き…

【リーフレット】調べてみよう食品添加物

    巷にあふれる加工食品。忙しいときなど、つい手が伸びますが、表示にはリン酸 塩、スクラロース、グリシンなど、見慣れない文字が…。 古くて新しい食品添加物の問題。このたび日本消費者連盟が「調べてみよう食品 添加物」というリーフレットを発行しました。身近にある加工食品を例に、避け たほうがいい食品添加物をピックアップしました。普段、何気なく食べている加 工食品を一度チェックし…

【パンフレット】私たちはモルモット?! ゲノム操作食品

  遺伝子組み換え技術の登場。 それは生命の基本であるゲノム(遺伝子)を操作することで、人間が神の領域に手を付けたと言われました。 今、さらに自由自在にゲノムを操作できる技術が開発されています。 「ゲノム編集」「RNA干渉法」です。 この技術は食の安全を脅かし、地球の生態系を破壊する恐れがあります。 そのゲノム操作食品が私たちの食卓に侵入しつつあります。 ■主な内容 ―遺伝子組み換え技術…

2017年4月号「つながろう世界のママたち 遺伝子組み換え食品はいらない!」

  いま世界のママたちが「遺伝子組み換え (GM) 食品はいらない」の声を上げ始めています。アメリカで「マムズ・アクロス・アメリカ (※)」を立ち上げたゼン・ハニーカットさんが呼びかけたのをきっかけに、カナダやオーストラリア、アフリカなどでママたちによるGM食品反対運動が活気づいています。日本でも3月に来日したゼンさんの講演会(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン主催、日消連協力)に…