日本消費者連盟
すこやかないのちを未来へ
企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を優先する世の中に変えたいと活動しています。

日本消費者連盟 消費者リポート 号別紹介

【消費者リポート】2023年6月20日発行の「消費者リポート」1670号

2023年6月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は、「増え続ける人工芝 PFAS汚染の温床か」です。  人工芝が増えています。競技場だけでなく、学校の校庭や子どもの遊び場、一般家庭の庭でも見かけるようになりました。人工芝は大量のマイクロプラスチックの供給源として注目されてきましたが、問題はそれだけではありませんでした。全国各地の地下水や河川水で国の暫定指針値を超えて見つかり…

【消費者リポート】2023年5月20日発行の「消費者リポート」1669号

2023年5月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は アジアの平和を求めて市民がつながろう ロシアによるウクライナ侵攻を契機に世界各国の軍事費が急伸しています。平穏な日常を奪われ、無残に殺される市民を前に、「自分たちならどうする?」と各国の人々が自問自答しています。日本政府も昨年末に改定した安保3文書で、敵基地攻撃能力の保有と防衛費の倍増を打ち出し、憲法の理念にはない「戦争す…

【消費者リポート】2023年4月20日発行の「消費者リポート」1668号

2023年4月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 身近な製品にひそむ環境ホルモン 環境ホルモンという言葉をご存じでしょうか。初めて聞く人も、昔聞いたけど忘れていたという人もいるでしょう。環境ホルモンとは、人間が作り出した有害化学物質のうち、生物のホルモンをかく乱して健康や生殖に異変を起こさせる物質のことです(6ページで解説)。日本では1990年代にNHKが特集を組んで社会…

【消費者リポート】2023年3月20日発行の「消費者リポート」1667号

2023年3月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 「遺伝子組み換えでない」表示が消える? 2015年の食品表示法施行後、消費者庁は制度見直しの名のもと、消費者の知る権利・選ぶ権利を無視して、さまざまな改悪を推し進めています。その1つが、「遺伝子組み換えでない」という表示条件の厳格化です。多くの人が豆腐や納豆を購入する際、参考にする「遺伝子組み換えでない」表示。最近、この重…

【消費者リポート】2023年2月20日発行の「消費者リポート」1666号

2023年2月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 福島イノベーション・コースト構想 廃炉・復興の名のもと進む防衛研究 敵基地攻撃能力(反撃能力)が盛り込まれた安保3文書が昨年末に閣議決定され、「台湾有事」に備えた軍事基地の他に、防衛技術の研究機関の整備が全国的に進められようとしています。その1つに、2011年に事故を起こした福島第1原発がある浜通り地域で進む国家プロジェク…

【消費者リポート】2023年1月20日発行の「消費者リポート」1665号

2023年1月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 戦争する国づくりで私たちの暮らしは 前号(№1664)の介護保険改悪案は結論が先延ばしになったものの、医療、年金など社会保障予算は今後ますます削減される可能性が強まっています。それは、昨年末に閣議決定された「安保3文書」にあるように、戦争する国づくりが具体的に示されるようになったからです。明らかに憲法に違反する敵基地攻撃能…

【消費者リポート】1664号(2022年12月20日発行)

    2022年12月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 制度があっても使えない介護保険大改悪  家族に介護が必要になって初めて知る介護保険のしくみ。現在の認定者は約700万人もいて、家族や親戚を含めれば無関係な人はいないでしょう。その介護保険の大改悪が計画されています。認定者の4割を占める要介護1と2の訪問介護・デイサービスを保険給付から外し、利用…

【消費者リポート】1663号(2022年11月20日発行)

    2022年11月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は ゲノム編集トマト苗を「受け取らない」自治体を増やそう  ゲノム編集トマトの苗を小学校や福祉施設に配布する計画があります。このトマトを開発したサナテックシード社は自社のホームページで希望する学校や施設に無償で提供すると募集しています。ゲノム編集食品・作物は、食べものとしての安全性も環境への影響も…

【消費者リポート】1662号(2022年10月20日発行)

    2022年10月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は さらなるワクチン漬け社会の到来  新型コロナでワクチン接種が常態化する中で、あらゆる病気をワクチンで防ごうとする動きが出ています。明確な効果が証明されず副反応の危険性が確認されなくても短期に承認される傾向が強まっています。ワクチン被害の報道が抑え込まれる中で、今春定期接種の積極勧奨が再開された…

【消費者リポート】1661号(2022年9月20日発行)

    2022年9月20日発行の「消費者リポート」をお届けします。 今月の特集は 新たな食べもの フードテックは安全性に問題  フードテックと呼ばれる新たな食べものが出回り始めました。代替肉、培養肉、昆虫食がそれです。その開発や生産のために、細胞培養に加えて、遺伝子組み換えやゲノム編集などのバイオテクノロジーの応用が広がっています。農林水産省は「みどりの食料システム戦略」の中…